• サンローラン プロダクション
    『ジャン=リュック・ゴダール/遺言 奇妙な戦争』の予告編
    ジャン=リュック・ゴダール監督作品



    2024年2月23日(金・祝)より新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷他にてロードショー (LINK : https://godard-phonywarsjp.com/)

    1960年以降、ジャン=リュック・ゴダール監督は、革新的なカメラワークと実験的なナレーションスタイルで映画製作の流れを変えました。伝統的な慣習を否定し、より個人的で芸術的な映画イディオム「ヌーヴェルヴァーグ」を好みました。

    サンローランは、ジャン=リュック・ゴダールが2022年9月に92歳で逝去する前に取り組んでいた特別な作品をご紹介します。型にはまらないこの短いアートプロジェクトでは、完成に至らなかった映画に対し彼が思い描いていたアイデアやリファレンス、ビジュアルが描写され、鑑賞者は、天才の精神や思考がどのようなものだったかを知ることができます。

    アンソニー・ヴァカレロが「決して存在しない映画の予告編」と称したジャン=リュック・ゴダールの遺作は、第76回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションの一部として上映されました。ゴダール監督の遺作をプロデュースした、サンローラン クリエイティブ・ディレクター アンソニー・ヴァカレロは、「映画界で最も影響力のある巨匠の一人であるジャン=リュック・ゴダールを尊敬している」と語っています。サンローランの子会社であるサンローラン プロダクションは、ラグジュアリーブランドとして初めて映画専門部門を立ち上げました。メゾンが持つクリエイティブな影響力、そして取り組みのフィールドをさらに広げるためアンソニー・ヴァカレロが立ち上げたものになります。

    そのコミットメントを確認するため、サンローラン プロダクションは、ゴダールとペドロ・アルモドバルという映画界のレジェンドたちによる2本の作品を携えて、2023年の第76回カンヌ国際映画祭(2023年5月16日~27日)に参加しました。

  • 絶対に存在しない映画の予告編「遺言 奇妙な戦争」

    ジャン=リュック・ゴダール監督作品

    予告編を見る